トップページ > 講師の紹介

講師の紹介Staff

織田真知子

織田真知子
代表・ヒーリングミュージックプレイヤー

長崎県長崎市出身

長崎大学教育学部音楽家 バイオリン専攻

中学校教諭第1種免許取得

高等学校教諭第1種免許取得


子育て中に軽い鬱を経験。

自らも音楽によって癒され、解放された経験から同じ思いを持つ人を癒やしたいという信念を持ち、日々自身の可能性を探りつつ音楽活動再開。


小学校4年生からヴァイオリンを始める。
個人レッスンと並行して、ジュニアオーケストラに所属。カルテットも演奏する。

小学校の時、NHK合唱コンクールで、県大会金賞受賞。
合唱の盛んな中学校では、合唱の指揮を2年連続指揮し優勝。

ヴァイオリン個人レッスンを武蔵野音大、モーツアルトテウム音学院卒の菅家恭子氏に師事


高校から、市民オ-ケストラに所属。

声楽を東京芸術大学卒の佐藤寿子氏に師事。

カルテットの仕事を手伝うようになる。

大学時、桐朋音楽教室福岡支部の三木妙子氏に師事。


大学卒業演奏は、ラロのスペイン交響曲。

卒業後長崎活水音楽科第九オーディションに受かり、ソプラノパートで出演。

ホールのこけらおとしなどで演奏。

結婚後、転勤先で、東京都交響楽団のOB篠原氏に師事

幼稚園や、保育園で演奏活動。

イタリアのマエストロ石井高さんに、楽器を調整していただき、本格的に演奏活動を開始。

廿日市市民オーケストラ所属。

小学生と中学生の二児の母。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島 廿日市市阿品 織田真知子ヴァイオリン教室 All Rights Reserved.